朝ドラ「エール」32話見逃しネタバレあらすじ感想【ライバル達との出会い】

エールネタバレ感想

NHK連続テレビ小説エールの32話の見逃しネタバレあらすじ、個人の感想などを書いていますので、未視聴の方はご注意ください。

エールの見逃しあらすじネタバレ感想を文字ではなく、動画で視聴したい場合「U-NEXT」で配信しています。

U-NEXTのNHKまるごと見放題パックに加入すると、初月990円で視聴できますよ。

エールの視聴方法
U-NEXTに登録→NHKまるごと見放題パックに加入→視聴可能

31日は無料お試し期間のため、U-NEXTの月額料金はかかりません。

文字だけでは伝わらないこともあるので、ぜひ動画でご覧ください。


本日(8月7日)登録して、9月5日までに解約するとお金は一切かかりません。


\ 初月390円でNHK番組が見放題 /

朝ドラ「エール」1話から見放題

 

朝ドラ「エール」32話のネタバレあらすじ


東京帝国音楽学校に入学した音。
同じ大学に入学したのが夏目千鶴子だった。
夏目千鶴子は声楽コクールで結果を残している実力者だった。

夕食時、祐一は音に契約金について話した。
「レコード売れれば良いんでしょ?」と楽観的な音だった。

契約書を見直してみると、前払金とは書いてあるが、返済しろとは書いていない。
音は肝が座っている。

音が授業を受けていると、そこに現れたのが3年生のプリンス 佐藤久志だった。
佐藤は当別授業における相手役として夏目を指名した。

圧倒的な実力に生徒たちは驚く。
その夜、祐一は木枯を自宅に招いた。

千鶴子を昼食に誘う。
しかし、お友達ごっこは嫌いだ、才能など努力しない人の言い訳だと言い捨てられてしまった。

その頃、祐一はついに自信作ができた。
そこで、木枯の曲がレコードになると知らせれる。

 

「エール」32話の感想レビュー

ついに祐一は木枯に先を越されたかー。
そして音にも強力なライバルが現れたし…
なんだかやっと音楽に専念できると思ったら、早速ライバル心とプライドがバチバチ衝突する展開になりそうでワクワクしてきた!

それにしても、音の良い奥さんっぷりはすごいね。
祐一のお尻をビシバシ叩いて応援する姿、本当に素晴らしいとおもう!
見習わなきゃ。


\ 初月390円でNHK番組が見放題 /

U-NEXTの詳細はこちら

 

「エール」32話を見たみんなの感想


\ 初月390円でNHK番組が見放題 /

U-NEXTの詳細はこちら