「エール」第3週ネタバレ感想【祐一の恋。接吻大作戦】

エールネタバレ感想

NHK連続テレビ小説エールの第3週ネタバレあらすじ、個人の感想、次回(第4週)の展開予想などを書いていますので、未視聴の方はご注意ください。

 

初月390円で視聴する方法

エールのあらすじネタバレ感想を文字ではなく動画で観たいのであれば「U-NEXT」で配信しています。

U-NEXTのNHKまるごと見放題パックに加入すると、初月990円で視聴できますよ。

視聴方法
U-NEXTに登録→NHKまるごと見放題パックに加入→視聴可能

31日は無料お試し期間のため、U-NEXTの月額料金はかかりません。

文字だけでは伝わらないこともあるので、ぜひ動画でご覧ください。


本日(10月31日)登録して、11月29日までに解約するとお金は一切かかりません。


\ 初月390円でNHK番組が見放題 /

U-NEXTの詳細はこちら

 

エール第3週のネタバレあらすじ

ハーモニカが大流行した。

祐一たち生徒は、次回演奏する曲の作曲を求められる。

作曲に夢中になる祐一だったが、ハーモニカ部の教師の父親が体調不良のため実家に帰るということに。

そこで、本気で音楽家になるつもりか?本気でなれると思っているのか?お前のような普通の人間が、と罵られてしまう。

しかし、それでも祐一の音楽家になりたいという気持ちは全くブレない。

伯父から再び養子の話を持ちかけられていたが、そのことは話さない。


父の様子がおかしい。

父「おれは兄ちゃんが二人死んで、この家を継ぐことになった。別に嫌じゃない、好きなことはなかったから。藤堂先生覚えてるか?お前をいっぱい褒めていた。おれは嬉しくて嬉しくて…おれ、やっちまったんだ。すぐ人を信用しちまう。」

父は多額の借金を抱えていた。

祐一「覚えてる?運動会でころんだ時のこと。あの時、音楽は根性のない僕にも力を与えてくれるって知ったんだ。」


ハーモニカ部の演奏が始まった。演奏は素晴らしいものだった。

次に祐一が作曲した曲を演奏することになった。

そこに藤堂先生が現れた。そして祐一は、突如指揮を任されることになった。

祐一の曲は非常に素晴らしく、拍手喝采だった。その姿を見て、父は号泣してしまう。

申し訳ない気持ちと、息子の才能をまざまざと見せつけられたことによる複雑な気持ちからだろうか。

公演終了後、祐一は部員達にクラブをやめると伝え、謝罪する。

伯父からの銀行の融資でなんとか喜多一はしのいだ。

そして旅立ちの日の前日、弟が部屋まで挨拶しに来た。

兄弟とはこういうものか、シンプルでありながら、とてもあっさりとしたものだった。

喜多一の前には両親、従業員が並んで別れをしのぶ。


祐一は伯父の家に着いた。

そこには母からの荷物が届いていた。

「見ると辛いだろうけど、辛い時に支えてくれるのが音楽だと思うから。母より」

感傷的な気持ちになりかけたとき、伯父の銀行で働く従業員達が挨拶に来た。

その人達は、祐一がこれまでに接したことがないほど底抜けに明るい人達だった。


昭和3年10月
この頃の地方銀行は暇だった。主な仕事は取引先の口座の管理程度だった。

平和な日々が過ぎていた時…。

女性と全くふれあいがないのは良くないと、祐一はダンスホールにつれていかれる。

その一方、喜多一では…父は祐一がいなくなって抜け殻になっていた。

あいつ…あっちで大丈夫かな…

祐一は女性の多くいるダンスホールでドギマギしていた。

初めて女性を誘う。

ドギマギしていた祐一を、一番人気の踊り子が逆に誘ってきた。

祐一の踊りは信じられないほどぎこちなく、周囲も唖然とするほどだったが、天にも登る気持ちだった。

職場でも祐一の頭の中はお花畑。

死んだ魚のような目をしていた祐一の目は輝いていた。

また2日連続で祐一はダンスホールに。

そして一番人気の女性にチケットを渡して、受け入れてもらえたのだった。

職場で必死で練習したダンスで楽しく踊る。

その日以来、毎晩毎晩祐一はダンスホールに通った。


そんなある日、祐一は食事に誘われる。

「交際の境界線って?」
みんなが首をかしげる。

昌子「交際の境界線は接吻だ!」

どうすれば接吻できるのか、接吻までの持って生き方をみんなで相談する。

数日後、接吻大作戦が決行される。

食事をしていても、祐一の頭の中は接吻でいっぱい。接吻作戦は大失敗だった…

しかし、これからは店には来なくていい、外で会いましょう。と一歩前進。

志津と別れて振り返ると、そこにいたのは強面の男。それは鉄男だった。

鉄男は音楽をやめてしまった祐一を激しく責めた。

そして自分がどれだけ祐一の言葉に励まされたのか、あの時の言葉を励みに生きてきたのかを語った。


祐一はお金を運ぶ役を任された。

しかし、鉄男のことで頭がいっぱいだったためにお金を車に忘れてしまった。

伯父は激しく怒り、踊り子なんかにうつつを抜かすな!別れろ!と言われる。

その言葉で、志津に対する気持ちが本物だと気付き、志津の元に走る。

志津に一生懸命に気持ちを伝えた。

しかし、その祐一の姿を観て高笑いする志津。

志津は実は祐一の同級生だった。

初めてダンスホールで顔をあわせた時、祐一は志津の顔をみても気が付かず、それに腹を立てた志津は祐一をからかったのだった。

「昔からあんたは私達を馬鹿にしていたんだ。今も昔も運良くお金持ちになっている」

志津は祐一に対する怒りを何度もぶつけ、祐一はショックというよりも驚きを隠せない。

「じゃあね、おぼっちゃま。大人になるのよー」

 

エール第3週の感想レビュー

祐一みたいにうぶな子って、見ていてすごく可愛い。

だから志津も思わず虜になっちゃったのかな?って思ってたけど、まさかの展開。

さすがにあそこまで激しく罵倒して叩かれると凹むよね…。

祐一にとって初めての恋愛があんな終わり方してしまえば、仕事に没頭して忘れたくなるのも仕方ない。

それにしても、志津役の堀田真由さん、すごく可愛くないですか?

結構メイクが濃いめだけど、インスタとか見てみるとかなりナチュラル系で、しかも超絶かわいい!

こんなに可愛い女優さん知らなかった-!って思ったら、non-noのモデルさんみたい。

これからますます活躍するんじゃないかって注目してます(どの目線から?笑)

でも、激しくフラれたからそろそろ音楽に気持ちが向くかもな…って思ってたらまさかの環の写真に食いつくなんて…。

祐一も良くも悪くも男になっちゃったんだね!

さて、そろそろ祐一の音楽家としての人生が再スタートしそうな予感。

音も歌を本格的に勉強し始めたみたいだし、この二人がどのタイミングでどう出会うのか、おそらく環を通じて知り合うことになるんだと思うけど、楽しみ!

 

エール第4週の予想

傷心した祐一はこれからどうしていくのかな…。

いろんなフラれ方をしてきた失恋経験豊富な私でも、あんなフラれ方はしたことがないからちょっとかわいそうだった。

あれは言葉の暴力レベルだったよね。

あんなフラれ方をしたら、立ち直るにはやっぱりよっぽど自分の好きなことに取り組むとかしないと無理だろうな…。

立ち直っていく祐一、そしてそろそろ歌の現在も描かれていくんじゃないかな。


\ 初月390円でNHK番組が見放題 /

U-NEXTの詳細はこちら